フェンネル(精油)の効果効能


名前   :フェンネル、Fennel

別名   :フェンネルシード

和名   :茴香 (ウイキョウ)

学名   : Foeniculum vulgare 

科名   :セリ科 (パセリ)

抽出部位 :種子

抽出方法 :水蒸気蒸留法

ノート  :ミドルノート

注意事項 :妊娠中、授乳中、生理中、てんかん症、幼児は避ける、刺激強(高濃度で使用した場合)

香り   :甘さとスパイシーさをもつフローラル調の香り

主な成分 :【フェノールエーテル類】trans-アネトール(80%)、フェンコン+リナロールなど

チャクラ :第二、第三、第五チャクラ(第八チャクラ)


※フェノール類のtrans-アネトールが多く含まれており、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があります。

※高濃度で使用すると刺激が強いので、使用量に注意すること。




中世には、フェンネルは悪霊をしりぞけ、魔女の呪いから身を守ってくれると信じられ、悪霊を追い払うために、フェンネルの小枝がドアにかけられたり、種子は、消化促進剤や月経周期を保つために使われてきました。日本では「茴香(ウイキョウ)」と呼ばれ、種子が体を温め、健胃作用があるとして、消化器系の調子を整える漢方薬として利用されてきました。ヨーロッパでは魚料理、インドではカレーのスパイスとして利用され、最近では、うがい薬や練り歯磨きに使われるようです。


キーワード

ストレス、緊張、不安、イライラ、考えすぎ、自己表現、過食、胃もたれ、消化不良、吐き気、腸内ガス、便秘、PMS(月経前緊張症)、毒素排出、利尿作用、むくみ、セルライト、つわり、乗り物酔い、膀胱炎、痛風、寄生虫駆除、腸痙攣、更年期、閉経前症候群、循環器系・呼吸器系の刺激、ホルモン調整、体液解毒作用、組織浄化作用


効能

鎮痛作用、抗感染作用、抗菌作用、鎮經作用、胃腸機能調整作用、駆風作用、胆汁分泌促進作用、消化促進作用、利尿作用、通経作用、去痰作用、催乳作用、健胃作用、解毒作用、浄化作用、肝臓・腎臓強壮作用、更年期障害の緩和、腸の不調緩和、ホルモン調整作用、セルライト除去、むくみの緩和


香りの相性がいいブレンド

レモンオレンジゼラニウムカモミールラベンダーペパーミントバジルローズマリーサンダルウッド、クローブ、ジンジャー


主な使用法

アロマバス、トリートメント、スキンケア、芳香浴



※ご使用になられる場合には、自己責任と管理の下に行ってください。

持病をお持ちの方や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Saraのアロマライフ 。* 。゜* 。・☆

エッセンシャルオイルの効果・効能や、使い方、様々なツールを使ったセルフヒーリングetc・・・