ラベンダー(真正ラベンダー)(精油)の効果効能


名前   :ラベンダー(真正ラベンダー)Lavender

別名   :薫衣草(クンイソウ)

学名   : Lavandula angustifolia (ラウァンドゥラ・アングスティフォリア)

科名   :シソ科

抽出部位 :花弁

抽出方法 :水蒸気蒸留法

ノート     :トップ~ミドルノート

注意事項 :低血圧の人、妊娠初期は避ける

香り   :爽やかで果物のような酸味と甘みが感じられるハーバルな香り

主な成分 :【エステル類】酢酸リナリル、リナロール、テルピネン-4-オールなど

チャクラ :第七チャクラ、(第一チャクラ、第六チャクラ)


(ヤングリヴィング製品は、食品としてご使用頂けます。)





ストレス緩和、美肌ケア、PMS、更年期、ホルモンバランス調整など幅広く


アロマセラピーの発端となった最もポピュラーなエッセンシャルオイルです。

安全性が高く、あらゆる症状に有効と考えられ、幅広い用途を持つことから万能精油と呼ばれています。

古代ローマ人はラベンダーを入れて入浴していたされ、語源はラテン語の「洗う」から来ています。

冷やし、緊張をほぐす作用があり、炎症や傷みを抑えます。また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、

動悸、頭痛、イライラなどを緩和し、抗感染作用も優れており、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症、更には、

火傷の治癒にとても有名な精油であり、肌の再生や、炎症の改善効果があり、あらゆる皮膚の悩みに有効です。


キーワード

緊張、不安、恐怖、イライラ、うつ、自律神経のバランス、PMS(月経前緊張症)、更年期、マタニティケア、出産、動悸、不眠、慢性疲労、月経痛、胃痛、筋肉の痙攣、痛み、足の疲れ、喘息の予防、打撲、ケガ、腰痛、風邪、気管支炎、耳の炎症、頭痛、冷え性、高血圧、免疫低下、手荒れ、傷、火傷、マメ、靴擦れ、皮膚炎、皮膚真菌症、帯状疱疹、痔、虫刺され、痒み、妊娠線・・・


>>> PMS(月経前緊張症)の精神的、身体的特徴についてはこちらへ

>>> 男女・内分泌系・性ホルモンと精油についてはこちらへ 


効能

鎮痛作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗炎症作用、抗リウマチ作用、鎮經作用、安眠作用、抗ウイルス作用、鎮静作用、心臓強壮作用、胆汁分泌促進作用、血圧降下作用、呼吸器系の不調改善、駆寄生虫作用、神経バランス作用、抗微生物活性作用、瘢痕(はんこん)形成作用、抗炎症作用、脱毛の予防、髪の強壮作用がある。


※ 瘢痕(はんこん)とは? できものや傷などが直った後に皮膚面に残るあと。


香りの相性がよいブレンド

※ すべての香りと相性が良い精油です★

フラワー系柑橘系ハーブ系ウッディー系樹脂系スパイシー系オリエンタル系


・精神安定に・・・ラベンダーベチバーベルガモット

・女性特有の不調に・・・ラベンダークラリセージイランイランジャスミン

・眠りのサポートに・・・ラベンダーカモミールオレンジシダーウッド

・風邪予防に・・・ラベンダーレモンパインクローブ

・スキンケアに・・・ラベンダーゼラニウムパチュリサンダルウッド


頭が痛い時の6種類のブレンド・・・

マジョラムローマンカモミールバジルヘリクリサムラベンダーペパーミント


主な使用法

アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴


>>> 虫刺されに・・・

>>> ラベンダーの豆知識はこちらへ

>>> ヤングリヴィング社の精油を使った火傷治療

>>> 帯状疱疹と精油 

>>> その他、ラベンダーの症例



※ご使用になられる場合には、自己責任と管理の下に行ってください。

持病をお持ちの方や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Saraのアロマライフ 。* 。゜* 。・☆

エッセンシャルオイルの効果・効能や、使い方、様々なツールを使ったセルフヒーリングetc・・・