スペアミント(精油)効果効能


名前   :スペアミント、Spearmint

別名   :ミドリハッカ、オランダハッカ、チリメンハッカ

学名   :Mentha spicata

科名   :シソ科 (ミント)

抽出部位 :葉

抽出方法 :水蒸気蒸留法

ノート  :トップノート

注意事項 :妊娠中は避ける、刺激強(高濃度で使用した場合)

香り   :ペパーミントより甘みのある、フレッシュなミントの香り

主な成分 :【ケトン類】ℓ-カルボン(70%)、リモネン、1.8-シネオール、ミルセンなど

チャクラ :第三、第四、第五チャクラ (第二チャクラ)





ペパーミントと共に人気のあるスペアミント★ ペパーミントが集中力を高め、やる気をアップさせるのに対し、スペアミントは頭をクリアにさせ、心を落ち着かせてくれます。一説によると、ペパーミントよりもハーブとして用いられた歴史が古いそうです。古代ギリシャ人はスペアミントを浴槽にいれ、沐浴を楽しみました。口腔ケアにも古くから使用され、今でも歯磨き粉の香り付けなどにも使用されています。新陳代謝のバランスを整え、活発にする作用があります。



キーワード

精神的疲労、感情のブロックを解放する、うつ、気持ちを切り替えたい時、頭をスッキリさせたい時、新陳代謝、食欲不振、消化器系、胃腸のバランス調整、便秘、下痢、口臭、乾燥肌、湿疹、頭痛、月経(量を少なくする)、吐き気、乗り物酔い、二日酔い、痛む歯茎、膣炎、太りすぎ、ニキビ、虫刺され、痒み


効能

鎮痛作用、鎮静作用、鎮痙作用、抗炎症作用、殺菌作用、殺虫作用、分娩促進作用、便秘の改善、腸内ガスの排泄、頭痛の改善、月経痛の緩和、強壮作用、皮脂バランスの調整、止痒(しよう)作用(かゆみの抑制)、口臭予防、口内炎の改善、昆虫忌避作用



香りの相性がよいブレンド

柑橘類全般、ラベンダージャスミンカモミールローマンバジルローズマリーセージティーツリーユーカリ


歯肉炎に・・・スペアミント、クローブ、ティーツリー



主な使用法

アロマバス、トリートメント、スキンケア、芳香浴



※ご使用になられる場合には、自己責任と管理の下に行ってください。

持病をお持ちの方や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Saraのアロマライフ 。* 。゜* 。・☆

エッセンシャルオイルの効果・効能や、使い方、様々なツールを使ったセルフヒーリングetc・・・