(アイダホ)ブルースプルース(精油)の効果効能


名前   :ブルースプルース、Blue Supeuce

別名   :プンゲンストウヒ

和名   :モミの木

学名   : Picea pungens

科名   :マツ科 (トウヒ属)

抽出部位 :葉、樹皮、木部

抽出方法 :水蒸気蒸留法

ノート  :ミドルノート

注意事項 :妊娠中、授乳中、幼児は使用を避ける。

香り   :フルーティな甘みを感じる森林の香り

主な成分 :αーピネン、βーピネン、カンフェン、リモネン...

チャクラ :第六チャクラ、(第一、第二、第三チャクラ)



スプルース(トウヒ)の精油にはレッド、ホワイト、ブルー、ブラック(クロトウヒ・Picea mariana)ががありますが、こちらにご紹介させて頂いているのは、ブルースプルース(アイダホトウヒ(アメリカアイダホ州)・Picea pungens)です。このブルースプルースは、モミの木のような形をしていて、ウッディな香りそのもの。まるで森林浴をしているかのような香りが楽しめます。爽やかな森林の香りがリラクゼーションを与え、調和のとれた穏やかな安心感をもたらします。


ブラックスプルースは、針葉樹ならではの清々しい香りに対して、ブルースプルースは、フルーティーな甘さのやさしい香りがします。





クリスマスツリー用に栽培されているブルースプルースは、アメリカ北部及びカナダ東部に多いマツ科トウヒ属の針葉樹です。 樹高30mから50m。樹皮は灰褐色。葉は、青緑色から銀白色で、葉先は鋭く尖がっています。ネイティブアメリカンは、ブルースプルースを、筋肉や関節の痛み、リウマチなどの治療に用いたり、枯渇したエネルギーを補充し、心身と感情のケアのために活用し、またスピリットとの繋がりを強化するため、儀式や瞑想の場でこの樹木が使用されています。


キーワード

イライラ・情緒不安定、ストレス・神経疲労、神経過敏、感情ブロックの解放、気持ちを落ち着けたい、肩こり、足の疲れ、膀胱炎、気管支炎、咳、痰、呼吸器系疾患、風邪・インフルエンザ予防、関節炎、リウマチ、カンジタ、坐骨神経痛、甲状腺亢進、免疫抑制、前立腺炎、咽頭炎、気管支、神経系トラブル、皮膚炎、乾燥性のかゆみや湿疹、空気清浄、松果体、胸腺、副腎を刺激する


効能

鎮痙性、抗感染症、抗寄生虫性、殺菌性、抗炎症性、ホルモンとコーチゾンに似た性質をもつ。



香りの相性がいいブレンド

レモンベルガモットラベンダーゼラニウムヘリクリサムローズマリーユーカリラディアータサイプレスシダーウッドパイン、フランキンセンス


●関節炎・・・ブルースプルースウィンターグリーン

●気管支炎・・・ブルースプルースシダーウッド

●ストレス・・・ブルースプルースシダーウッドパインベルガモット

●皮膚炎・・・ブルースプルースラベンダーティーツリーカモミール、ミルラ



主な使用法

アロマバス、トリートメント、芳香浴、ホームケア






※ご使用になられる場合には、自己責任と管理の下に行ってください。

持病をお持ちの方や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。


Saraのアロマライフ 。* 。゜* 。・☆

エッセンシャルオイルの効果・効能や、使い方、様々なツールを使ったセルフヒーリングetc・・・