レモングラス(精油)の効果効能


名前   :レモングラス、Lemongrass

学名   : Cymbopogon citrarus (キンボポゴン キトラトゥス)

科名   :イネ科

抽出部位 :葉(根を除く全草)

抽出方法 :水蒸気蒸留法

ノート  :トップノート

注意事項 :刺激強(高濃度で使用した場合)、妊娠中、イネ科アレルギーの方は避ける

香り   :ピリッとした新鮮なレモンを思わせる爽やかなシトラス系の香り。

主な成分 :【アルデヒド類】シトラール、シトロネラール、ゲラニアール、ゲラニオール、リモネンなど

チャクラ :第二チャクラ、(第三チャクラ)


※ゲラニアールとネラールが混在しており、総称して「シトラール」と呼ばれる。

シトラールに抗ヒスタミン作用、抗真菌作用、抗菌作用、鎮静作用、鎮痛作用があるが、

皮膚刺激もあり、使用濃度に注意すること。





レモングラスは古くから、薬効のあるハーブとして親しまれ、原産地であるインドでは数千年から利用されてきました。このハーブの軽くてフレッシュなシトラス系のすっきりした香りは、気持ちをシャキッとリフレッシュさせ、感情の流れをスムーズにしてくれます。現在では、エスニック料理の香りづけ(トムヤムクン、カレーなど)の他、疲労回復や消化促進効果があることから、ハーブティーにも利用されています。※ハーブティーとしてはドライでもフレッシュでも使える★


キーワード

興奮、神経過敏、記憶・集中力の低下、うつ、無気力、心配、緊張、冷え性、筋肉痛、肩こり、リウマチ、腰痛、下肢(かし)のむくみ、ダイエット、ペットケア(消臭・ノミやダニの予防)、昆虫忌避(虫よけスプレー)、ヘアケア、ニキビ、デオドラント、消臭、虫刺され、発汗、皮膚真菌症、水虫対策、かゆみ


効能

強壮作用、呼吸器系の感染症の緩和、食欲増進作用、消化器系の不調改善、刺激作用、防虫作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗ヒスタミン作用、鎮静作用、免疫向上作用、鎮痛作用、抗炎症作用、利尿作用、発汗作用、収斂作用、皮脂バランス調整作用、抗感染作用、収れん作用、デオドラント作用、殺菌作用、皮脂分泌抑制作用、昆虫忌避作用


※鎮痛作用や血液を促す作用があり、筋肉や腱などの働きを高めることから、捻挫、筋違い、筋肉痛、肩こりに有効とされ、スポーツ後の筋肉のクールダウンにも用いられる。

※抗菌、消臭作用があり、ノミやダニを予防するので、ラベンダーなどとブレンドし、ケージの掃除やペットの被毛のブラッシングなどいんも使われている。また、昆虫忌避作用があり、キッチンのハエや、ゴキブリなど、害虫避けに使用される。

※虫刺されの後の痒み対策に、ラベンダー、ティーツリー、カモミールなどとブレンドするとよい。

※シトラールは、特に白癬菌(はくせんきん)に効果があるとされ、水虫などの対策によい。その場合は、ティーツリーやゼラニウムなどとブレンドすると、より効果的である。


香りの相性が良いブレンド

ラベンダーゼラニウムジャスミンイランイランベルガモット、マジョラム、ローズマリー、ペパーミント、ユーカリ、シダーウッド、ジュニパー、パイン、ブラックペッパー、ジンジャー・・・


主な使用法

アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴


>>> 蚊やダニ用抗菌スプレー



※ご使用になられる場合には、自己責任と管理の下に行ってください。

持病をお持ちの方や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Saraのアロマライフ 。* 。゜* 。・☆

エッセンシャルオイルの効果・効能や、使い方、様々なツールを使ったセルフヒーリングetc・・・