ジュニパー(精油)の効果効能


名前   :ジュニパー、ジュニパーベリー、Juniper 、Juniper berry

和名   :セイヨウネズ

学名   :Juniperus communis (ユニペルス コンムニス)、and J.osteosperma

科名   :ヒノキ科

抽出部位 :地上部

抽出方法 :水蒸気蒸留法

ノート  :トップノート

注意事項 :妊娠中、腎臓の疾患がある方は避ける、刺激強(高濃度で使用した場合)

香り   :さわやかなウッディー調に、苦味と甘さが混ざった香り

主な成分 :【モノテルペン炭化水素類】α-ピネン(30~40%)サビネン、リモネンなど

チャクラ :第一、第三チャクラ、(第五、第六チャクラ)


炭化水素類主な成分で、体液の循環を促す作用と炎症を緩和する作用が特徴。

空気の殺菌にも優れ、森の空気のような香りがあるので、拡散すると森林浴効果も期待できる。






古くから浄化作用があると知られており、お酒のジンの香り付けとして知られるジュニパー。

心と身体の浄化をしたい時に役立ちます。


中世の頃、悪魔を追い出すために、ジュニパーの実を束にして戸口にかけていたとされます。また、利尿剤として、数世紀もの間使用され、最近まで、フランスの病院では感染を防ぐためにジュニパーやローズマリーの小枝を燃やして空気を浄化していました。



キーワード

うつ、神経過敏、精神疲労、興奮、感情の問題、自律神経のアンバランス、ストレス、解毒・浄化(デトックス)、新陳代謝を高める、膀胱炎、むくみ、ダイエット、冷え性、肩こり、痛風、神経痛、坐骨神経つ、筋肉痛、腰痛、尿酸・毒素排泄作用、腎臓血液循環作用、リウマチ、関節炎、月経不順、いぼ、デオドラント、ニキビ、皮膚炎、湿疹、吹き出物、しみ、ヘアケア、スキンケア、毛穴の広がり、傷



効能

鎮痛、抗炎症、コーチゾン(ホルモン)様調整作用、浄化作用、セルライト・肥満改善、抗カタル作用、抗感染作用、抗菌作用、抗リウマチ作用、リンパうっ帯除去作用、浄血作用、解毒作用、利尿作用、腎臓血液循環作用、去痰作用、神経強壮作用、引赤作用、強壮作用、分娩促進作用、発汗作用、通経作用、疲労物質の排出、免疫向上作用、抗肥満作用、皮脂分泌抑制作用、にきび肌の浄化作用、収れん作用、頭皮環境改善、空間の浄化


※静脈やリンパを刺激し、腎臓の働きを高めて余分な水分や老廃物を排出する。


●夏バテで体が疲れている時に・・・ジュニパーペパーミント

※ペパーミントを加えると刺激がやや強めの香りになり、疲れた体と心を目覚めさせてくれます。このブレンドには強壮作用がある。


●二日酔いに・・・ジュニパーベルガモットローズマリー

天然塩大さじ1杯にジュニパーベリー・ベルガモット・ローズマリーの精油をそれぞれ1滴ずつ加えてバスソルトを作り、じっくり半身浴をする。この3つの精油をブレンドすると、優れた利尿作用が得られ、バスタブに入れて半身浴をすることで、体内のアルコールを早めに排出することができ、二日酔いを和らげてくれる。


●むくみが気になる時に・・・ジュニパーローズマリー

キャリアオイル30mlにジュニパー、ローズマリーの精油をそれぞれ3滴ずつ加え、ボディオイルを作り、むくみが気になるところをマッサージすると、優れた利尿作用により、老廃物の排出を促しますので、むくみが解消されやすくなります★



香りの相性が良いブレンド

柑橘類全般、ラベンダーゼラニウムジャスミンセージローズマリーマジョラムキャロットシードシダーウッドサイプレス、ユーカリ、フランキンセンス、


主な使用法

アロマバス、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴




※ご使用になられる場合には、自己責任と管理の下に行ってください。

持病をお持ちの方や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Saraのアロマライフ 。* 。゜* 。・☆

エッセンシャルオイルの効果・効能や、使い方、様々なツールを使ったセルフヒーリングetc・・・